社会人バンドサークル「ケイオンR40」

お知らせ

演奏までの手順

セッション形式のイベントに参加したことのない方にとって、ぶっつけ本番の演奏はとても不安があると思います。

失敗しても大丈夫ですし、初心者の方にはスタッフがフォローしますので、下記の手順をチェックした上で、あまり固くならず本番に臨んでください♪

1演奏の出番が来る前に

演奏準備は手短に

1曲の時間は、準備・演奏・片付けを含めて約15分で換算しています。
時間のかかるようなセッティングはお控え下さい。

どうしても時間のかかるセッティングで演奏したい場合は、開催日以前にスタッフにご相談ください。
開催日当日のご相談は受けかねます。

演奏の出番が来る前に

音作りや音選びは出番までに

会場のキーボードをご使用する方で、キーボードの音色を決めておらず、出番の準備の段階で選ぶのは時間がかかりますので、事前に音色を決めておいてください。

開場から30分間は、ステージの機材を使って音色探しや試奏はできますので、会場のキーボードの音色を選びたい方や、ギターアンプ、ベースアンプを使って音作り、試奏がしたい方は、早めに会場入りして、その時間をご活用ください。
(※大音量での試奏や長時間の試奏はご遠慮ください)

曲の終わり方などは事前に共演者と打ち合わせ

オリジナル音源がフェードアウトで終わる曲などは、どう終わるか、事前に共演者同士で打ち合わせしておいてください。

 

2演奏準備

出番が来ましたら、前の演奏者と交代でステージに上がり、演奏準備をします。
不明なことがありましたら、悩んで時間を使わず、ステージ回りにいるスタッフにご相談ください。

自分の準備が終わりましたら、いつまでも試奏せず、他の人の準備の邪魔にならないよう、ボリュームを切ってお待ちください。

演奏準備

    注意事項

  • ・アンプのボリュームはゼロの状態で電源を入れてください。電源を切るときはボリュームをゼロにしてからお切りください。
  • ・マイマイクをご使用の場合、マイクの抜き差しはPA(音響)スタッフに確認を取ってからにしてください。
 

3リハーサルの打ち合わせ

準備が終わった方は、曲のどの部分をリハーサルするか、準備の終わった方同士で打ち合わせておいてください。

基本的には全部の楽器・歌い手が音を出す部分でお願いします。
たいていは曲のサビのような部分になります。

リハーサルは30秒以内くらいなので、イントロから延々と演奏するようなことはお控えください。

リハーサルの打ち合わせ
 

4リハーサル

全員の準備が終わりましたらリハーサルに移ります。
ボーカルの方はPA(音響)スタッフ席を確認しながら歌ってください。

PAスタッフからOKサインが出ましたら、リハーサル終了です。

リハーサル

各楽器の音がステージ上でバランスよく聞こえにくく、演奏しづらい場合もあると思います。

そんな時は、モニター用スピーカーから楽器の音を個別に出すことができます。

PAスタッフさんに欲しい楽器の音を伝えて、近くのモニター用スピーカーから音をもらってください。

モニター用スピーカーから楽器の音を個別に
 

5MC、そして本番

いきなり演奏も味気ないので、ボーカルさんには何か手短なMCの後に演奏に移ってもらいたいです。

常連さんが多いので、メンバー紹介は必須ではありません。
共演者が常連さんばかりの場合は省いていただいて結構です。

MC、そして本番
 

6演奏中に大きなミス!後戻りできそうにないようなら

強引に続けてもよし、一旦演奏を切ってもう一度やりなおしてもかまいません♪

どうしようもなく失敗してしまった!と感じたときは、思い切って演奏を止めてみてください。

演奏のミスは頻繁に起こることなので、萎縮せず、どんどん色んな曲にトライしましょう!

演奏中にミス!後戻りできそうにないようなら

NEWS

メッセージ送信

【送信先】

    送信先をリセット

    メッセージ作成

    こちらからメニューを表示します。

    説明を終了

    お使いのブラウザはサポート対象外です。最新のブラウザにアップグレードをお願いします。

    閉じる